2015年11月12日

5か月になりました

6月12日生まれのここちゃん
今日で5カ月です

犬は安産のお守りのように言われますが
ここちゃんのお母さんは難産だったようで
ここちゃんたちは病院で生まれたそうです

ここちゃんは末っ子
でもその頃は一番大きかったそう
今はお兄ちゃんが一番大きくなっています

先日ここちゃんは病院で計ったら
5・34! 
大きくなったって思ってたけどやっぱりわーい(嬉しい顔)

もうすぐ6キロ越えちゃうのかな?

ここちゃんはお散歩行こうっていっても
あまり乗り気な様子は見せない
リードが嫌いなからかな?
NoEIiUM40bnkiH632SrfnqDUidqSEnw1FCwcK_3HmFM.jpg
でも外に出ると一目散に走り出し
あっちこっちクンクン&パクッがすごいです

私は常に力いっぱいリードをひっぱり
何か咥えそうになるとグイッと持ち上げ
お口をチェック目

お散歩の距離は短いのですが
結構疲れますふらふら

ここちゃん、
人を見かけてもダッシュ(走り出すさま)
ワンコ見かけてもダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

ほとんどの人は可愛いね、
人懐こいね揺れるハート
て言ってくれるのですが
ワンコは迷惑そう犬(怒)

吠えられても全くひるまないここちゃんです

まだ5カ月のここちゃんにとって
目に映るもの
匂って来るもの
何もかも始めてで
好奇心いっぱいなのかな?

なるべく一緒に遊んで、
お散歩して
ここちゃんのワクワクるんるんの時間をいっぱい過ごさせてあげなくちゃ

u3HiMalef8aNl9xhw-932zDtbqhMB-avcE7Jhys04LI.jpg
ペットボトルカジカジするの大好き
でもペットボトルだけだとあっという間に噛み砕くので
遊ばせられないと思ってたら
ケースになったぬいぐるみがありました
しばらくこれで一人で遊んでます
Ops91OxlH83R0cCgael53PAREipUG8Q1NpcMA9q5TJY.jpg
一休み?
BjzFrvTM5oFpBjfwPPHWcRwVZ5ZvxCJZD38HmgIuiFc.jpg
眠い~眠い(睡眠)



ニックネーム モコティ at 15:35| Comment(4) | TrackBack(0) | ここちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

ここちゃんの今日の成果

今朝は雨模様小雨

ここちゃんのお散歩は中止

ここちゃんはトイレお家でもお散歩の時でも
どちらでも大丈夫Good
お天気の悪い日でも安心です。

ちょっとだけボール投げして
ご飯エサ食べて
騒ぐので廊下に出してたら
静かに過ごしている

しばらくしてドアを開けたら
kabe.jpg

kabe1.jpg

今日は柱でも敷居でもなく
いきなり壁がく〜(落胆した顔)

フェンス置いてないところを探して
次々新たな齧れる所を発見するここちゃんですふらふら

先日ここちゃんがカジカジしてた所に
こんなのが落ちていました
ここちゃんの乳歯
下
歯.jpg
ちいちゃくて鋭い歯
きれいです
以前も拾ったのですがその時は
歯?それとも何か齧った欠片?
と気にも留めなかったのですが
今回ははっきりです
拾ってまだ持っていますぴかぴか(新しい)

歯が生え変わったらあちこちカジカジするの
卒業してくれるかな?

ここちゃん順調に成長中でするんるん

Ops91OxlH83R0cCgael53PAREipUG8Q1NpcMA9q5TJY.jpg
お気に入りのベッド
まだこれは健在・・・あせあせ(飛び散る汗)
2コほど齧ってダメにしました
Dd2w0W3V2FKxzxX598_Ay0i2VA_Q9Q5SHd0B3OSI8eo.jpg

GezhzcC6Pz46NtS1446183659_1446183678.png
ニックネーム モコティ at 14:44| Comment(4) | TrackBack(0) | ここちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

齧りたいの!

最近の我が家の玄関から台所までには
このフェンスがいっぱい
2015_0830_093451-DSC05149.JPG
原因はこれ下
2015_0830_093431-DSC05148.JPG
歯が生え換わるまではムズムズするのか
壁や柱あちこち齧って大変!
ソックスやスリッパにもよく噛みついてきます顔(汗)
引き出しのとってにも噛みつくあせあせ(飛び散る汗)
2015_0830_134127-DSC05167.JPG

お散歩に出ると道に落ちてるものが
気になる気になる目

田舎なので虫や枯れ草
カエルや蛇も・・・・・

でも落ちてるもので一番腹が立つのは
たばこの吸い殻!
なぜかここちゃんはこれが気になるようで
見つけるとパクッ!
私が先に気づけばいいけど見落とす事も
そうしたらモグモグしてる
ここちゃんの口から取りだす事に顔(なに〜)
・・・一度銜えた物を取りだしたらガムってこともありましたバッド(下向き矢印)

たばこの吸い殻やガムは投げ捨てないで
ちゃんと自分で始末しましょう!

ここちゃんは人もワンコも大好き揺れるハート
人の気配がするとお散歩中でも
しっぽブンブン振って撫でてもらおうと
私を引っ張って行きます。
いろんな人にかまってもらうの大好き!
ワンコにもかまってもらいたいのだけど
こちらはなかなか顔(イヒヒ)

写真は8月頃に撮っていたもの
aNC4cSeV_zD4S7U1446183824_1446183859.png

るんるん
jplfS66QJ3MD3ui1446183747_1446183781.png
やっぱり今より顔が幼い
毎日見てるとそんなにわからないけど
しっかり成長していますね






ニックネーム モコティ at 15:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ここちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

家族が集まったよ

先日はここちゃんの預かりOさんのお家に
お姉ちゃん(小夏ちゃん)お兄ちゃん(恋クン)
&お母さん(ランちゃん)が来るので来ませんかと
誘っていただいて行って来ました。

お兄ちゃんとは9月の初めごろあって、
二人で駆けまわって遊んだんですが
今回はどうかな?

ここちゃんにとって
お姉ちゃん&お母さんとは久しぶり・・・のはず。
覚えてるかな?

2015_1024_161657-DSC05196.JPG
ランちゃん、いつも小さくて可愛いって紹介されてました。
ほんとにおっとりさん揺れるハート
2015_1024_140120-DSC05184.JPG
ランちゃんただ今家族募集中です!

FzNgp6TBMmoX4Vr1445742053_1445742104.png
小夏ちゃん、Oさんがしっかりして、
賢い!ってほめてた仔
ここちゃんや恋クンとは少し感じが違います

2015_1024_140058-DSC05183.JPG
お母さん・ここちゃん・Oさんのお家のキラちゃん
2015_1024_140751-DSC05190.JPG
恋クンとここちゃんは以前より似て来た!
以前あった時は恋クンは黒っぽい毛色だったのに
かなり感じが変わっててびっくり
脚も長いよ〜!
2015_1024_161720-DSC05197.JPG

2015_1024_161726-DSC05198.JPG
上ここちゃんと恋クン、
この日もずーっと追いかけっこ、
どっちかが疲れても、もう一方がちょっかい出す感じで
休みなく遊んでまするんるん
この様子見てたら日ごろ運動量足りてないよねって思えます。
すごいエネルギー目

小夏ちゃんは最初はこの遊びに参加してなかったんだけど
途中から参加
さすがお姉さんで二人を一喝してました顔(イヒヒ)

こんな楽しい一時を作ってくれたOさん、ありがとうございます
また集まりたいですね顔(笑)
coco4.jpg
ニックネーム モコティ at 13:04| Comment(4) | TrackBack(0) | ここちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

ここちゃんの食事事情

ここちゃんは
ドライフード大好き
ケージの中で食べてるのですが
用意すると飛びこんで行って食べてくれます。

幼犬用から子犬用にフードを徐々に変えた時、
最初大きくなった粒が食べにくそうだったので
トッピングにヨーグルトをほんの少しかけると完食Good
それからは朝はドライフードにヨーグルト
2015_0805_061338-DSC05060.JPG
食べ終わるとフードボール齧って遊びますあせあせ(飛び散る汗)

夜はいつも私が食事の用意し始めると
足元で待っています
キャベツやキュウリやトマトの欠片を
食べるかなと試してみたら
トマトが大好きるんるん
夜はトマトを少しトッピング

お昼過ぎにはコングに詰めたフードを
遊びながら食べてるはず目

このコングはここちゃんの
甘噛み対策&ストレス発散にいいかなと
取り入れてみました。
コング.jpg
ドライフードにプラスしてジャーキー等の
おやつホネも一緒に詰めるといいらしいのですが
もしドライフード食べなくなったら顔(汗)
・・・と考えるとなかなかおやつあげれません。
ガムも・・・・・

2015_0809_053933-DSC05087-1.jpg
あちこち味見中犬(笑)

2015_0809_054144-DSC05092-1.jpg

2015_0809_054042-DSC05088-1.jpg

2015_0809_054114-DSC05090-1.jpg
子犬はエネルギーいっぱい
はやくお散歩出来るようになると
あちこちカジカジ減るんじゃないかなと期待してます
続きを読む
ニックネーム モコティ at 13:40| Comment(3) | TrackBack(0) | ここちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

一人遊び

ここちゃんは、
一人でピーピー鳴らしながら
おもちゃで遊びます
2015_0815_104204-DSC05104.JPG

2015_0815_104352-DSC05109.JPG

2015_0816_141235-DSC05140-1.jpg


でも意外とお気に入りはタオルや
鍋つかみ下
2015_0816_140300-DSC05128-1.jpg

2015_0816_141144-DSC05136-1.jpg

静かだな〜と思う時は壁や家具の角をカミカミがく〜(落胆した顔)
家具の傷も心配だけど、
ここちゃんが食べちゃわないかそれも心配
2015_0808_075309-DSC05080.JPG


2015_0815_090539-DSC05099.JPG
これはクールマット

最初はモコちゃんが使っていたものがあったので
それをつかっていたのだけど
2,3日経ってふと気づいたらびしょ濡れ
ここちゃんこんなところでチーしちゃったのかな?
(ここちゃんはほぼシートGood
洗って干して
取りこむとき見たら
穴が開いて中からジェルが漏れていました。

まだ暑いしと新しいマットを購入
これは即日穴をあけてしまいましたふらふら

起きている時はエネルギッシュに動き回り目が離せません

2015_0815_093726-DSC05100.JPG
可愛い寝顔にほっと癒されます揺れるハート




ニックネーム モコティ at 16:27| Comment(6) | TrackBack(0) | ここちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

ここちゃん

我が家に新しい仔が仲間入りしました

名前はモコちゃんの妹なのでここちゃん

預かりさんが
「パクパク食べてスクスク育っています」
って教えてくれた通りの元気な仔です


一人でおもちゃで遊んだら
2015_0804_193213-DSC05056.JPG

2015_0805_061311-DSC05059.JPG

2015_0806_054526-DSC05070.JPG


2015_0806_054703-DSC05071.JPG

2015_0808_075309-DSC05080.JPG

こてっ!と好きな場所で寝ています
coco2.jpg
なぜかテーブルの下が好き目

先日爪のカットと目の周りを整えてもらいました
2015_0806_054356-DSC05067.JPG
下
HUxbObj7ubTaNPS1439172151_1439172215.png

ここちゃんは不幸な犬猫を作らない会さんや⇒http://kokoa61.blog136.fc2.com/
いろんな人達のおかげで
家族の一員に迎えることができました
ありがとうございました。


ニックネーム モコティ at 16:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

幸せは動物が連れてくる

昨日の日曜日は
不幸な犬猫を作らない会
譲渡会が開催される日でした
2015_0712_113308-DSC05033.JPG

今回もハナママさんに連れて行ってもらいました
ハナママさん預かりの多頭飼育からレスキューされた
ミックちゃんはただ今トライアル中
いい結果になりますようにるんるん


岡山でも保護活動してる団体さんはいくつもあるようですが
こちらの会は随分前から活動されてて
岡山では老舗なんではないでしょうか?

モコちゃんが来たころちょくちょく行っていたペットショップでも
こちらの名前をよく目にしていました。

2015_0712_113254-DSC05032.JPG

2015_0712_102856-DSC05026.JPG


今回も譲渡を考えてる方が次々と来られていました。
会のメンバーさんが
「以前は希望される方少なかったけど最近は増えました」
と言われていました

多頭飼育から保護された子たち
2015_0712_105913-DSC05031.JPG

2015_0712_103219-DSC05027.JPG
この仔はケージを開ける特技を身に付けたらしくグッド(上向き矢印)
里親さんの所から脱走しちゃって戻って来たらしい
この日も開けちゃっていました顔(イヒヒ)

仔犬の時もらわれていって8カ月経って帰って来たワンコもいました
8か月も一緒に過ごせば情も移るのではなんて思うんですけど顔(汗)

この日の結果はこちらからどうぞhttp://kokoa61.blog136.fc2.com/

帰宅してこの日の新聞見たら
今週の運勢が
「幸せは動物が連れてくる」
でした。
なんか嬉しい言葉でしたぴかぴか(新しい)

−12013_0611_094642-DSC04221.jpg

BuFQnWgwxD3TKGj1372229053_1372229216.png
モコちゃんもいっぱいいっぱい幸せをくれたよねハートたち(複数ハート)
ニックネーム モコティ at 15:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

譲渡会に連れて行ってもらいました

昨日は初めて譲渡会に行きました

いつも興味はあっても会場は遠く
車通勤してない私には
ちょっと見に行くって事は
無理かなとあきらめていました

が、先日
ハナママさんに行ってみたいのだけどなかなか・・・
と伝えていたら
今回ハナママさん預かりのミッククンが参加するので
「一緒に連れて行ってあげます!」
って言ってくださったので
お言葉に甘えてい連れて行ってもらいました


実はハナママさんにお目にかかるのはこの日が初めて
ちょっとドキドキでした揺れるハート

道中車(セダン)保護活動に関しての考えとか
色々聞くことが出来ました。

私は興味はあっても行動はできなかったので
しっかり行動されてる方の話しは
考えさせられることがいっぱいでした

2013_0512_070122-DSC04094.JPG
グッド(上向き矢印)ハナママさんのワンコ服を着たモコちゃん

雨の予報だったけど快晴晴れ
到着したらすでに多くのケージが並んで
ワンコたちがスタンバイ
譲渡希望らしい方たちもたくさんみえられている模様


多頭崩壊からレスキューされた仔たちは
ブログで見て想像してたより
小さくて人懐っこい
ケージに近づくと撫でて〜って寄ってきます。

赤ちゃん犬を抱っこしてた方が
抱っこする?
って私に差し出してくれたので
久しぶりにワンコを抱っこ

まだ1カ月ちょっと?位の子なので
とっても小さくて重さも感じられない
時々モゾモゾ動くのが可愛い〜heart06.gif

モコちゃんがうちに来た時は
そろそろ2カ月だったので
ちゃかちゃか動いていました。
こんな小さい仔を抱っこするのは初めてです。


途中から次々に中型犬の保護犬たちも到着
人も次々に来られてかなり盛況な様子

すでに里親さんが決まりつつある
仔たちもいたようでした。

途中で私は帰ったのですが
ふと何かの拍子にワンコの香りが残っていて
モコちゃんの事を懐かしく思い出してしまいました。
2013_0531_065213-DSC04170-1.jpg

写真撮らしてもらおうと思っていたのに
抱っこしたら撫でたりで撮れなくて・・・・・
譲渡会の様子はこちらで→☆

resizeLOZOMTJD.jpg
みんないい里親さんに巡り合えますように!


ニックネーム モコティ at 15:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

ペットショップに行く前に

最近、犬や猫の保護活動をされてる方と
お話をすることが何度かあって
色々感じたり気づくことがありました。

そんな時たまたま知り合った方のブログで
こんな記事を見つけました

了解していただいたのでこちらでも紹介させてもらいますね。
下

「どうして?」
(How could you ?)


ぼくがまだ子犬だった頃、
あなたはぼくのかわいいしぐさを
笑ってくれました。

あなたはぼくのことを
「息子」と呼びました。

僕が靴や枕を噛んで
しまったりしたけれど、
あなたのベスト・フレンド
になれました。


ぼくが何か悪いことをした時、
あなたはぼくを指さし
「どうして?」
と聞いたよね。


でもすぐに許してくれて、
ぼくのおなかを
優しく撫でてくれました。


あなたはとても忙しかったので、
ぼくのしつけは思っていたより
長くかかったけど、
なんとか一緒にやりとうしました。


昔一緒にベッドで寝て、
あなたの心の秘密に耳を傾けたり、
これほど幸せな人生はない、
と信じていました。


一緒に散歩に出かけたり、
ドライブに行ったり、
アイスクリームを食べたり
(あなたはアイスは犬には悪いから、
と言ってコーンしかくれなかったっけ?)

ぼくは、あなたが会社から
かえってくるのを
日向ぼっこしながら
待っていました。


少しずつあなたは
会社で過ごす時間が長くなり、
人間の親友を探しに
出かけていきました。


わたしは辛抱強く
あなたの帰りを待ち、
落胆や失恋したあなたを癒め、
あなたが間違った選択をしても
小言は言わず
いつもあなたが帰ってきたとき、
恋に落ちたときは共に大喜びして
飛び跳ねるほどでした。


彼女、今ではあなたの妻、は
「犬は人間ではない」
と言います。


それでもぼくは
彼女が来たときは歓迎し、
彼女に親しもうと努力し、
彼女の言うことを聞きました。


ぼくはあなたが幸せだったから
ぼくも幸せでした。


それから赤ちゃんが生まれ、
ぼくも一緒によろこびました。


ぼくは赤ちゃんのピンクの肌
そして香りが大好きで、
ぼくも彼らの世話をしたかった。


でもあなたと彼女は
ぼくが赤ちゃんたちを
傷付けるのではないかと心配し、
ぼくはほとんどの時間を
別の部屋か犬小屋で
過ごすようになりました。


ぼくも本当に彼らを愛したかった。
でもぼくは
「愛の囚人」
になってしまいました。


あの子たちが成長すると、
ぼくは彼らの友達になりました。


ぼくの毛に掴まって立とうとしたり、
ぼくの目に指を突っついたり、
ぼくの耳をひっぱったり、
ぼくの鼻にキスをしてくれました。


ぼくはあの子たちの全てを愛し、
あの子たちにさわられることに
喜びを感じました。


なぜなら、あなたはもうほとんど
ぼくに触れてくれなくなっていたから。


そしてぼくは、
必要なら命をかけても
あの子たちを守ってもいい
と思いました。


ぼくはあの子たちの
ベッドにもぐりこみ
彼らの心配事や夢に耳を傾け、
あなたの帰ってくる車の音を
一緒に待ちわびました。


以前は誰かがあなたに
「犬を飼っている?」
と尋ねると、あなたは財布から
ぼくの写真を取り出し、
ぼくの話をしました。


でもこの数年は単に
「飼ってるよ」
と言うだけで、
話を変えてしまいました。


ぼくは「あなたの犬」から
単なる犬」へと変わり、
あなたはぼくにかかる費用を
不快に思うようになっていきました。


そしてあなたは他の街で
新しい仕事を見つけ
ペットを飼ってはいけない住宅に
引越すことになりました。


あなたは「家族」のための
最良の選択をしたのかも
しれないけれど、
昔ぼくがあなたの唯一の
家族だった時代があったよね。


ぼくはドライブに連れて行って
もらえるのだと思い、
ワクワクしました。


でも、着いたのが
動物保護センターだと
わかったときは、
また悲しくなりました。


犬や猫、
恐怖と不安の臭いがしました。


あなたは書類を記入し、
「いい飼い主が見つかると思うよ」
と言いました。


担当の人たちは物悲しげに
肩をすくめました。


彼らは「血統書付き」
でも中年の犬の現実を
知っているのです。


子どもはぼくの首輪をつかんで
離そうとしませんでしたが、
あなたはその指を強引に
引き離しました。


「お父さん、だめ!
 僕の犬と別れるのは嫌だ!」
とあの子は叫びました。

ぼくはあの子のことが心配です。


あなたがたったいま
息子に教えたことを…
友情、忠誠心、愛や責任、
そして何よりも
生命を尊重するということについて、
あなたが息子に教えたことを…


あなたはぼくと目はあわせず、
帰り際にぼくの頭を軽く撫で、
丁寧にぼくの首輪とリードを
持って帰ることを断りました。


あなたは時間がないと言います。
それはぼくも同じでした。


あなたが去ったあと、
優しい二人の女性は、
引越しのことは
以前からわかっていたのに、
なぜ新しい飼い主を
探そうとしなかったのか
と話していました。


頭を横に振りながら彼女たちは
「どうしてなの?」
と言いました。


忙しいのに、
彼女たちはできるだけぼくたち
の世話をしてくれました。


もちろん餌は与えられているけど、
もうずっと前から
ぼくは食欲を無くしました。


最初は誰かが
ぼくの檻の前を通る度に、
ぼくは前の方に飛び跳ねました。


あなたの気が変わって
また迎えにきてくれたんだと思い、
今の状況が単なる悪夢だと思い、
そしてあなたでなくても
ぼくを愛してくれる
誰かが来たのだと願いながら…


自分たちの運命に気付いていない
かわいい子犬たちには
ぼくは勝てない、と悟ったとき、
ぼくは奥の角にうずくまり、
ひたすら待ちました。


その日の終わりに
係員の足音が聞こえ、
彼女と一緒に別の部屋に行きました。

とても静かな部屋でした。
彼女はぼくを台に乗せ、
ぼくの耳をさすりながら
「心配しなくていいのよ」
とささやきました。


ぼくの心は今から
何が起こるのだろう、
と不安でいっぱいになりましたが、
安心感さえも感じました。

「愛の囚人」となったぼくは
最後の日を迎えていました。


でもぼくは自分のことよりも、
彼女のことの方が心配でした。


ぼくがあなたの機嫌が
いつもわかっていたように、
彼女の気持ちもわかるのです。


彼女の心の重荷は
非常に大きいものでした。

彼女は優しくぼくの前足に
止血帯を巻きました。
彼女のほおには涙が流れています。


ぼくは昔あなたを慰めるときにも
いつもしたように
彼女の手をなめました。

それから彼女は慣れた手つきで
ぼくの静脈に注射をさしました。

チクッとしてから
薬が体を流れるのを感じました。
ぼくは眠くなって横たわり、
彼女の優しい目を見つめながら
「どうして?」
とつぶやきました。

彼女に、ぼくの犬言葉が
わかったのでしょうか。

彼女は
「本当にごめんね」
と言いました。


彼女はぼくを抱きしめ、
ぼくがもっといい場所、
無視などされず、
虐待や見捨てられることもない、
この地上とはまったく違う
愛情と光あふれる幸せなところに
行けるようにするのが
自分の役目だと教えてくれました。


ぼくは最後の力を振り絞って
尻尾を一度ふりぼくが
「どうして?」と言ったのは、
彼女にではないことを教えたかった。


この言葉はあなた、
そう、ぼくの愛するご主人さまに
向けたものなのです。

ぼくはあなたのことを考えていたのです。

ぼくはいつまでも
あなたのことを記憶し、
あなたを待っています。


ぼくがあなたを愛したように、
あなたが人生で出会う
すべての人から愛されることを
願っています。

---------------
---------------
-------------

著者から一言

わたしが「どうして?」
を書いたとき涙を流したように、
あなたもこれを読んで同じく
涙を流してくれたのだとすれば、
それは、毎年アメリカとカナダで
死ぬ何万匹ものペットたちに
捧げられた涙です。


非営利目的であれば、
著作権を明記して
この話をぜひ配信してください。


動物保護センターや
獣医のウェブサイト、
ニュースレターなどで、
動物は私たちの愛情と
暖かい世話を受ける権利があること、
どうしてもペットを
手放さなければならない場合、
他にいい飼い主を探してあげるのは
私たちの責任であること、
すべての生命は大切であること、
を伝えてください。


無意味な殺しを止め、
捨てられるペットが
増えないようにするためにも、
去勢キャンペーンに協力してください。


ジム・ウイリス
『心に響くメッセージ』より

岡山でもたくさんの犬や猫たちが
新しい家族と出会えるのを待っています
ペットと一緒の生活を考えてるかた
まずこちらの譲渡会に足を運んでみませんか?
不幸な犬猫をつくらない会